ネット接続における通信速度の遅い回線の例

インターネット接続回線においては、各家庭の条件によって通常よりも通信速度が遅い回線になってくる場合が出てきます。通常よりも通信速度の遅い回線の例としては、ADSL回線を使用している時に自宅から交換機のある場所が遠くなっている場合が挙げられます。ADSL回線では交換機からデータが伝送されるようになっていますが、交換機から自宅が遠くなるにしたがってタイムラグが生じるようになってきます。その結果として交換機までの距離があると、通常の通信速度が出ない状態が起こります。ADSL回線では、交換機から3キロ以上離れていると通信速度が落ちることに繋がってくると思います。こうした自宅が交換機から離れている場合には、光回線に替えることで高速の通信が行えるようになります。光回線においては、交換機の場所は関係なく高速通信が可能となります。次に通信速度の遅い回線の例として、マンションなどの共同の通信設備を利用している場合が挙げられます。共同住宅では、1本の回線を各部屋へ繋ぐことが多いです。その結果、光回線でも多くの部屋でインターネットに繋がれていると、通信速度がADSLよりも遅くなってしまうことが起きます。その時には、モバイルのLTEの無線通信を活用するといった対処ができます。